Thank You! Your message has been sent./ 送信しました。お問い合わせ有難うございました。

×

 

 

 

 花岡 徳秋  

 

 1級建築士 登録第360363号 / 修士(理学)(コロンビア大学)

長野県生まれ。豊かな自然に囲まれた東部町(現在東御市)で育つ。東京モード学園で服飾を学んだ後に渡米し、建築へ進路変更する。南カルフォルニア建築大学を卒業後、コロンビア大学建築学部修士課程を修了し帰国。安藤忠雄建築研究所、伊東豊雄建築設計事務所など国内外の建築事務所に勤務後、2015花岡徳秋設計事務所を設立。 現在東京を拠点に、プロダクトデザインや建築設計活動の傍ら子供達と一緒にものづくりを通し、地域を盛り上げるイベントも行なう。ワイン愛好家。

 

 

展示・受賞

2006 北京国際建築ビエンナーレ /中国 北京

2007 Parametric Affects スイス連邦工科大学/スイス ローザンヌ

2008 ローエンフィッシュメモリアル賞 コロンビア大学大学院/米国 ニューヨーク

2013 奨励賞 長浜アーバングラスコンペティション/滋賀

2013 準グランプリ 家具デザインコンテスト/大分

2013 優秀賞 AGC旭硝子デザインコンペティション/東京

2014 入選 佐久市立図書館「読書に心地よい椅子コンテスト」/長野

2014 入賞 第一回建築CGパースコンテスト/福岡

2015 入選 清流の国・森の恵み大賞/岐阜

2015 選外佳作 福智町立図書館・歴史資料館設計業務者選定プロポーザル/福岡

2015 入選 2015釜山国際建築大展/韓国 釜山

2016 天空の芸術祭2016・梅野記念絵画館 / 長野

2016 IFFT:東京国際家具見本市/ 東京

2016 国際建築展示会(韓国青少年環境建築機構)/ 韓国ソウル

2016   21世紀の茶室 京都展・同志社大学ハリス理化学館同志社ギャラリー/ 京都

2017   21世紀の茶室 東京展・銀座ギャラリームサシ/ 東京

2017   3位 ハリウッド国際住宅設計競技(LHOM)/ 米国 カルフォルニア

2017   クリエイティブユース部門賞 日本木材青壮年団体連合会 第20回木材活用コンクール/ 東京

 

事業内容

 建築、インテリア、ランドスケープ、展示会場などの企画・設計監修

 リノベーション、コンバージョンの企画・設計監修

 地域、企業及び商品に関するブランディングの企画・設計・監理

 家具・什器を含む工業デザインの企画・設計・監理

 デジタルデーターによる[ものづくり]の企画・設計・監理

 プレゼンテーション支援・コンサルティング業務

 前各号に付帯する一切の業務(英語・日本語)

                                                                                


Noriaki Hanaoka (principal) 

 First Class Architect in Japan:360363

Master in Advanced Architectural Design:Columbia University (GSAPP)
Bachelor of Architecture:Southern California Institute of Architecture (SCI-Arc)

 

Born in Nagano, Japan, Noriaki is an architect, dreamer, thinker, and the founder of noriaki hanaoka design; Tokyo based interdisciplinary design firm. Noriaki received a Master in Advanced Architectural Design from Columbia University Graduate School of Architecture Preservation and Planning where he won the honor award for the Lucille Smyser Lowenfish Memorial Prize. He holds a Bachelor of Architecture from Southern California Institute of Architecture(SCI-Arc). Before entering the architecture fields, he studied fashion in Tokyo Mode Gakuen. He has considerable experience in architecture and design of high profile projects while working in the offices of Toyo Ito & Associates, Architects and Tadao Ando Architect & Associates, prior to founding his own practice.                                                                                                                                                                                          

 

chronology of exhibitions and awards

2006 Architectural Biennial Beijing 2006,Beijing,China

2007 Parametric Affects,Swiss Federal Institute of Technology (EPFL),Lausanne,Switzerland

2008 Lucille Smyser Lowenfish Memorial Prize, Graduate School of Architecture, Planning and Preservation Columbia University,New York,USA

2013 Honorable Mention,Nagahama Urban Glass Competition,Shiga,Japan

2013 Second Prize, Furniture Design Competition, NPO Japan General Design Support Association,Oita,Japan

2014 Prize for Excellence, Dreaming with glass Design Award, AGC Asahi Glass Company,Tokyo, Japan

2014 Finalists, Saku City Library Chair competition,Nagano,Japan

2014 3rd Place, The 1st Architectural Rendering Competition,Fukuoka,Japan

2015 Finalists, Morinomegumi-Award,Gifu,Japan

2015 Honorable Mention, Fukuchi Town Library  and Museum Complex Renovation Competition,Fukuoka,Japan

2015 Semi-Finalists, Busan International Architecture Competition in 2015,Busan,Korea

2016 The Museum in the Sky2016 ・The Umeno Memorial Picture Gallery, Nagano, Japan

2016 IFFT: International Furniture Fair Tokyo, Tokyo, Japan

2016 KIYFE(Korea Institute for Youth Facility and Environment) International Invited Exhibition, Soul, Korea

2016 “Tea House of the 21st Century”・The gallery of Harris Science Hall of Doshisha University, Kyoto, Japan

2017 “Tea House of the 21st Century”・Gallery Musashi Ginza, Tokyo, Japan

2017 3rd Place​, Hollywood International Architecture Competition(LHOM), California, USA

2017 Best Creative Use of Wood Award, 20th Wood Utilization  Award, Tokyo, Japan