Thank You! Your message has been sent./ 送信しました。お問い合わせ有難うございました。

×
南カルフォルニア建築大学最終講評会/ SCI-Arc Tokyo Studio Final Review

@法政大学

環境シュミレーションの思考実験。主なパラメーターは熱、光、風。従来のようにパラメーターを別々に検討せず「あえて重ねて」いるのが特徴。カラフルな層がうみだす見慣れないイメージの洪水を前にし、対象をどのように見る(観る)べきか最初戸惑う。どの生徒達もプレゼン後はあえて結論をださない姿勢を徹底し、生徒ではなく我々の方が逆に試されていたのかもしれない。現在の評価基準とは異なる「別のモノサシ」が必要だと感じ、会は思考実験の「解ではなく問い」を手土産にして終了。

 

@ Hosei University.

Exposed to over saturated seductive images, it was an opportunity to rethink ‘what architecture can be or ought to be in near future’… By Looking at all speculative works, they bring back to ‘Architecture for Today can’t be Architecture for Tomorrow’ . This isn’t my idea – I borrowed it. It belongs to one of faculty in SCI-Arc or GSAPP… just can not remember who… anyhow.., congratulations to all!